カウンセリング予約資料請求お問い合わせ所在地・アクセスP.O.C field Inc. カナダ、ニュージーランド、オーストラリア 留学、ワーキングホリデー、あなたの海外生活をサポートします。
海外留学 体験談 Experience 海外留学、語学留学、ワーキングホリデー、体験者の生の声を聞いてみよう

アメリカの友達と英語で会話が
できるようになりたかった

氏 名:Yuki Takahashi
期 間:7ヵ月 2005年
滞在地:カナダ/トロント

留学をしようとしたきっかけ:
私は単純に「英語がペラペラになりたい!」という思いでカナダのトロントへ7ヶ月間、語学留学しました。

学んだこと:
日本と海外の生活感の違い。土地が広いせいか、雰囲気がゆったりとしていて、人々の様子も余裕がある
ように見えました。実際に生活してみると、その感覚が体感できますヨ!
あとはモチロン英語!

目標:
英語が話せるようになりたかったのは、仲のいいアメリカ人の友達と会話ができるようになりたかったからです。
わたしの中で、友達と絶対意思を通してちゃんと会話するっていう、その明確な目標のおかげでグンッと英語力が伸びたと思います。今ではちゃんと会話になってますしネ!

うれしかったこと:
トロントには各地からさまざまなハリウッドセレブがやって来るので、ことあるごとに色々なセレブを見ることができました☆
日本にいると出会うチャンスないって思っていたけど。。。
あと、休みの日にはキャンプができたり、ニューヨークやモントリオールなどが近いので、トロントを拠点としていろいろな観光スポットにも旅行できて嬉しかったです。


よかったこと:
異文化体験ができたこと。カナダは多民族国家なので色々な国の人々と話す機会もありましたし、他国の文化を知ることで日本のいいところや悪いところを発見することもできました。本当に自分のためにも貴重な体験ができたと思います。

驚いたこと:
サービス業に携わる人たちのサービスの質の悪さ!服を買うとくちゃくちゃのまま袋に入れられたり、お釣りは手渡しではなくカウンターにポンッと投げられることが多かったです。日本では考えられなく珍しいのでかなり驚きました。でも街行く人々はフレンドリーで優しかったです☆

持って行ってよかったもの:
筆記用具!?は、日本のものの方が使いやすいし、特にノートや消しゴムはかなり他の国の友達に羨ましがられました。消しゴムを使ったあとに出る消しカスが日本だとまとまってるのに、他の国のものはボールペンの消しゴムみたいに粉々になるんです!(わかるかな(^^;))

学校:
私が行った学校は「Hansa」というトロントではかなりのマンモス校だったのですが、1クラス5〜10人くらいだったので、どのクラスでもだいたい自分が発言する機会があり、わからないことも質問しやすかったです。学校では友達もできやすいし、先生もフレンドリーだったのですごく楽しめました☆

今していること:
また海外生活をしたい&忘れかけた英語を取り戻したい!と思い、今はアメリカに住んでいます。短期間でいいので、これからも色々な国に住んでみたいと思っています。近いうちにまたどこかに移りたいな☆

体験談一覧に戻る