カウンセリング予約資料請求お問い合わせ所在地・アクセスP.O.C field Inc. カナダ、ニュージーランド、オーストラリア 留学、ワーキングホリデー、あなたの海外生活をサポートします。
海外留学 体験談 Experience 海外留学、語学留学、ワーキングホリデー、体験者の生の声を聞いてみよう

ワーホリ時代、夢が叶い、
現地ガイド

氏 名:Miwa Iwamura
期 間:2006年1月15日〜2007年1月15日
滞在地:ワーホリ期間中、住んだ都市
2006/1/15〜4/10 Vancouver(British Columbia)
2006/4/11〜2006/11/4 Banff(Alberta)
2006/11/5〜2006/12/5 Toronto(Ontario)
2006/12/6〜2007/1/15 Canada. America旅行

★ワーホリに行くきっかけ
OL時代、何気ない日々を過ごしていた時、韓国旅行に行きました。それは社会人になって以来、私にとっては初めての海外旅行。
全てが新鮮で刺激的、私の知らない世界がまだまだあることを実感。大学時代は英語を勉強し、海外生活に憧れを抱いたこともあったのに、そんな夢さえ忘れていた時でした。
一会社員であった私は海外に出て、会社員を続けていては見れない世界を見たいと思ったし、そこに行けば自分がもっと成長出来る気がしました。
海外で仕事をするということ、それも出来れば大学時代憧れだった旅行業界で働くことを海外で実現させたいと思いました。
その場所は自分が大学時代、学んだ英語を生かせる場所、カナダで。
27歳だった私のワーホリ最終チャンスがすぐ目の前まで迫ってきていました。

★今、何しているか
ワーホリ時代、夢が叶い、カナダバンフの現地ガイドになりました。
その後、同じ会社でWorking Permitをサポートして頂き、現地ガイドとして、今もカナダで仕事をしています。


★カナダに来て良かったこと
1.海外の友達が出来た。
言葉、文化、育った国が違う友達が出来ました。言葉が違っても「英語」を使えば大丈夫。
カナダではお互いに楽しい時間を共有出来たし、仕事関係の仲間には特に励ましてもらいました。
語学学校時代の友達とは今もお互いの国を行き来し、交流が続いています。

2.日本人の友達が出来た。
同じ時期にカナダに住めた日本人の友達は今も貴重な存在です。
海外で困った時、やっぱり頼れた存在は日本人の友達でした。年齢を超え、カナダでの貴重な時間を共有しました。

3.夢が叶ったこと
もともとワーホリの目的でもあったツアーガイドになる夢が実現しました。
ガイドデビューするにあたってカナダの歴史から文化、一般常識、
カナディアンロッキー、動物等の勉強をし、多方面の知識が増えました。

★辛かったこと
ホームステイの時の食事
毎日がパスタとじゃがいもの連続。
量も半端なかった。

★海外生活において便利な物
パソコン、デジカメ
日本の化粧品

★いらんかったもの
調味料…都会なら簡単に手に入る。

★語学学校
日本のAgentを使って申し込みをしました。
より厳しい環境を・・・と日本人の少ない学校を選び、10〜12人中、日本人1〜2人
というベストな環境。しかも7レベルのクラス分けで勉強しやすい環境でした。
Conversationのクラスでは積極的に話をし、ここでかなりの自信がつきました。
この学校で貴重な海外の友達、日本人の友達と出会うこともできました。

★ホームステイ
カナダに来たばかりの2ヶ月間、ホームステイをしました。
40代後半のご夫婦、2人の娘さん(高校生、中学生)のご家庭。
食文化の違いはかなり戸惑いました。
毎日がじゃがいも、パスタの連続。。。
でも、英語環境に恵まれたし、ホストマザーは優しく、特に
就職活動ではいつも応援してくれました。
カナダで最初の時期だったので、言葉や文化を知るのに良い経験でした。

*********************************************************
改めて、自分のワーホリ時代を思い出しました。
なんか遠い昔のことみたい。
あの時、カナダに来ていなかったら今の自分がいないと思ったら、
本当にこの運命に感謝。

 

 

体験談一覧に戻る